マジックフィンガーズ(2)

最初から読む場合は、こちらからどうぞ⇒<<<最初から読む>>>

それは既に、美愛も気付いてることだった。

(この人は、私のことが、好きだ)

最初にそんなフレーズが頭に浮かんだのは、十一月の第一週。
その後、同じフレーズが何度も頭に浮かぶうち、

(この人は、私のことが、好きなのだ)

と、いつしか、五・七・五になっていた。

いま二人は、和泉橋を背に、歩道を神田方面に向かって歩いている。
歩道は車道の左側で、だから普通なら、車は後ろから二人を追い越していくはずなのだが、ここでは、前から向来ては通り過ぎて行く。近くに首都高への乗り入れ口があるからとかいった、そんな理由を聞いた覚えが美愛にはあって、確かそれは、樹が教えてくれたのだった。

ところで美愛には、予備校に来るたび思い浮かぶことがある。
それは、
(ここも秋葉原なの?)
という疑問だった。

美愛たちの通う予備校は、名前に『秋葉原』の三文字が付いている。
これに美愛は、以前から違和感を抱いていたのだった。

WEBサイトの紹介文によれば、予備校はJR秋葉原駅から歩いて四分。距離だけみれば確かに『秋葉原』だが、その間には昭和通りと神田川があって、電気街からは二重に隔てられている。予備校の窓から見える『秋葉原』的なものといったらヨドバシAKIBAくらいなもので、メイドやアイドル、あるいはアニメやゲームの看板とかいった、いわゆるアキバ文化の象徴として現在喧伝されてるような事物は、まるで見ることが出来ない。そして何より、予備校から一番近い駅は秋葉原でなく、新宿線の岩本町駅だった。

この疑問を、美愛は、樹にぶつけてみたことがある。
「ここらへんも、秋葉原なんだっけ?」
そんな『それとなく』を装った美愛のつぶやきに、樹はこんな答えを返して来た。

「『ぐるなび』なんかで秋葉原の店を検索すると、この辺りの店も出るよね。でも、どちらかというと、ここら辺を秋葉原って考えるのは、心理的に抵抗があるかも。秋葉原っていうより、神田の一部っていった方が近い感じかな」

と言われて、最後に出てきた『神田』というキーワードに、なるほど、と美愛は得心した。予備校の行き帰りに見える書泉ブックタワーにも美愛は違和感を感じていたのだが、ようやく理由がわかったような気がしていた。

それから樹は、秋葉原の電気街が出来たのは、元々は神田にあった電気部品を扱う店が移動してきたのが始まりなのだとかいった話をしてくれた。

それを聞きながら美愛は(菊田くん、オタクなのかしら?)と、思ったりもしたのだが、すぐに(秋葉原の歴史を知ってるのと、秋葉原を知ってる――オタクなのとは違うか)と考えなおす。

謙遜は、正しい自己評価の後に行うべきだというのが、美愛の持論だ。
だから美愛は、自分が美少女だと、はっきり遠慮無く自覚している。

しかし、そんな美少女の美愛には、彼氏がいない。
理由は、性格が悪いからだという人がいる。
そのことは、美愛も知っている。
その通りだとも、思っている。

好きだ、と言ってくれる相手が現れるたび、内心でうざい、キモいと罵りながら、波風を立てない程度に穏当で、しかし断固とした言葉と態度でお断りを入れている自分は、十分に性格が悪いと分かっている。

だけど樹に対しては(この人は、私のことが、好きなのだ)同じフレーズを、何度繰り返したところで、気持ちには、うざいともキモいとも浮かんでこない――その必要が、感じられない。

結論が出たのは、つい最近のことだ。
きっと(角度だ)と、美愛は思っている。
きっと樹は、うざいとかキモいとか思わなくてもすむ角度で、自分のことを好きになってくれたのだと。

岩本町駅の入口を過ぎたところで、思い出したように樹が訊いた。

「小津さん、今日は、遅くても大丈夫?」
「うん。友達と初詣って言ったらダメだったけど、彼氏とだって言ったら『いい』って」
「え……」
うろたえる樹を見ながら、美愛は付け加えた。
「お母さんに、嘘ついちゃった」

そして二人は、岩本町の交差点を渡る。

横断歩道の先のVELOCEに向かって小走りになりながら、
(私って、やっぱり性格悪い)
笑みを抑えられない顔を、美愛は、必死で樹からそむけていた。


『今日はどうする?』

LINEの送信ボタンを押しかけて、菊田樹(きくたいつき)はやめた。
そして、走りだす。
 
小津美愛(おづみちか)が、いつものコンビニの前で待っていた。

「お待たせ」息を弾ませる樹に、
「待ってないし」言って美愛は「別に、待ち合わせしてたわけじゃないし」言い直して、背後のガラスを指す。

コンビニの、入口のドアだ。
こんな紙が貼ってあった。

お知らせ
12月30日21:00~翌朝6:00
12月31日21:00~翌朝6:00
1月1日21:00~翌朝6:00
1月2日21:00~翌朝6:00
1月3日21:00~翌朝6:00
誠に勝手ながら一時急転させていただきます。
お客様には、ご迷惑お掛け致しますが、何卒ご容赦お願い致します。

そういえば……目を凝らすまでもなく、樹も気付いた。
店内の、奥の方にしか電気が点いていない。
今日は、十二月三十一日。
そして、既に二十二時近くになっていた。

「とりあえず、いつものコースでいい?」
「うん」
「その前に、予備校に寄っていい?」
「うん」

もうひとつ、追加の質問をしようとして、樹は止めた。
さすがに、もうバレてるかも――いや、バレてるに違いない。

樹も美愛も高校二年生で、同じ予備校に通っている。
でも、高校は違う。
樹が地図で調べたら、それぞれの学校があるのは、東京の全く反対側だった。

二人がいまいるコンビニは、JR秋葉原駅の昭和通り口を出て三分。和泉橋を渡ってすぐの場所だ。予備校は、コンビニから歩いて三十秒。神田川沿いのビルで、一階のテナントにはスポーツショップが入っている。

「やっぱり、誰もいないね」

ビルの入口に立ち、樹は言った。「授業は昨日で終わりみたいだったし、今日は誰もいないんじゃないかな?」いつもはビルの前でぼんやり光ってる路上看板も、今日は電源コードを丸めて、ガラスの向こうのエントランスに収われている。代わりに今日は、門松がふたつ、入り口を挟んで置かれていた。

「ドアも開かないし」

美愛が、鼻のつきそうなくらい近くに立っても、入り口の自動ドアは開かなかった。
ぴょん、とその場で跳んだ。
青いコートの裾より、ベージュのマフラーより、背中まで伸ばした髪が大きく揺れた――すたん。高度二十センチから着地。
 それでも、当然、ドアは開かない。
樹も真似して跳んだが、結果は同じだった。

「小津さん。動画撮っていい?」樹がスマホを向けると、
「うん」美愛は、即答だった。

でも(ちょっと迷ってたな、あれは)と思いながら、カメラアプリを起動。画面の中央に美愛、両端に門松という配置になるように、車道に出そうなくらいまで退がった。明るさを美愛の顔に合わせて、撮影開始。

「小津さん、跳んで」
「うん」

ぴょん、すたん。

「もう一回、いいかな?」
「うん」

ぴょん、すたん。

「もう一回」
「うん」

三回目の録画ボタンを押しながら、
(これで最後かな)と樹は思った。
画面に映る美愛の口元に、不機嫌なニュアンスが浮かんでいたからだ。
何度も同じことをやらせたのが、悪かったのだろうか?
考えても、美愛が何に不満を抱いているのか、樹には分からない。

ぴょん、すたん。

着地して、次に訊いたのは、美愛の方だった。
眉をひそめ、何か考えこむような表情で唇を尖らせ、
「もう一回、いい?」
樹に、「うん」以外の答えはなかった。

「私、もっと出来る子だから」
ぴょん。

そして――手を広げたり、顔をのけぞらせたり、片足だけ曲げたり、両足曲げたり。ポーズを変えながら「もういいかな」と美愛が満足するまでに跳躍と着地は五回繰り返され、樹のスマホには、同じ数だけの動画ファイルが保存されることとなった。

時刻は、二十二時ちょうど。
二人は、歩き出す。

昭和通りに出るところで、樹は振り向いた。
予備校のビルは、暗かった。
いつも二人が勉強しているフロアはもちろん、エントランス以外、明かりがなかった。
でも――樹がイメージしたのは、犬だった。
目をつぶって、一見眠っているようで、でも誰かが近づくと、すぐ跳ね起きる犬。

「来年は、何日からだったっけ?」美愛が訊いた。
「受験生は、二日から。センター対策の講座」
「私達は?」
「来週の水曜日だから――七日」
「私達も、来年は、二日からかな?」

いまは明かりが消えてるあのビルが、本当に眠ってしまうことは、無いに違いない。
再び、歩き出す。

「君は、講座に出る? それとも家で勉強?」

問いに、樹は答えなかった。
美愛に見とれて、答えられなかったのだ。
いつ雪が降り出してもおかしくないくらい寒いのに、美愛の横顔を見ているだけで、胸の奥から、とろりと甘い何かが溢れ出してくるみたいだった。

樹は、美愛が好きだった。
 

他の作者さんのララノコン応募作品を見ると、あとがきを書いてらっしゃる方が多いみたいなので、私もマジックフィンガーズ(仮)について、それっぽいことを書いてみたいと思います。

まずこの作品ですが、WAMOTO77さんの「アキバドリーム(AKIBA賞応募)(完結)」のパクリというか、自分がああいうストーリーを書いたらどうなるかなあ、と思ったのがキッカケで書き始めました。

オタク少年と美少女がアキバ巡りして、小道具はARって……一緒でしょ?
完成度は、かなり違いますけど(^_^;)

タイトルは、エルビス・コステロのプア・ナポレオンという曲のこの歌詞からです。


She was selling stolen kisses to travelling salesmen and minstrel singers
You put a penny in the slot
She called you her Magic Fingers
Poor Napoleon

彼女は旅の行商人やドサ周りの歌手に不実な接吻を売りつける。
君がスリットにペニー硬貨を挿れると、彼女は魔法の指で君に語りかける。
「おお、可哀想なナポレオン」


 



千嘉良と楓の物語は、もうちょっと書き続けたいと思います。
まずは、今回の応募作の書き直しですね。

応募作では、枚数とか、一話完結ということで無理やりくっつけられてしまった
千嘉良と楓ですが、改稿版では、恋愛関係になる前に、もうちょっと色々体験してもらいたいと思います。

短編と中編でたくさん続けられたらと思います。
イメージとしては、私が大好きな、このWEB小説みたいな感じで。

ライトなラノベコンテスト お気に入り作品投票所 でコメントをくださった皆さん、ありがとうございました。大変、励みになります。

ではでは~



このページのトップヘ