マジックフィンガーズ(2)

カテゴリ: ライトなラノベコンテスト


「君の会社の社長――貞夫さんは、自分の父親の弟なんだ。
18歳の時、新潟の実家に絶縁されて、遠縁にあたる自分の祖父の養子になった。

自分の父親は、民夫っていうんだけど……

祖父は、実の息子――民夫に自分の会社を譲って、貞夫さんは自分の知り合いの会社に就職させた。

でも貞夫さんは、しばらくしたら独立したいって言い出して……それでお祖父ちゃんは、父さんの会社に出資させて貞夫さんに会社を持たせたんだ。

だから、今回は追加の出資になるはずだったんだけど――保留になった。
最初の出資の時とは、事情が変わってしまっていたから。

父さんの会社が上場することになって、いままでの様に社長の独断でお金を動かすのが、難しくなってしまったんだ。

だから保留というのは、通常の手続きで出資を検討した結果で――」

「わかります。実質的には、却下ということですよね」

「言っておくけど、問題になったのは製品じゃなかった。貞夫さんの、経営者としての資質だったんだ」

『ばんから』を出て、そんなことを話しながら歩いてたら、再び蔵前橋通りに出た。
またセブンイレブンでカップのコーヒーを買って、今度も店頭のゴミ箱横に潜り込んだ。

「貞夫さんってさ、お金を引っ張ってくるのは上手なんだ。だから、父さんの会社以外にも、スポンサーがいないわけではなかったんだけど……でもね、それ以降がダメなんだ。

集めたお金で事業を回していくセンスが決定的に不足しているっていうのが、父さんの会社が出した結論。こんな会社に出資したら、株主の突き上げを食らってしまうってね。

それでも貞夫さんは、いま手がけてる製品のデモだけでも見てくれって……仕方なく父さんは、お祖父ちゃんのところで勉強させてた娘――自分に相手をさせることにした。

もう分かってると思うけど、年明けに君がデモする予定だった相手は、自分だったんだ。

デモは見せてもらったから、後は自分が上の人間に報告して、それで終わり。
率直に言って、今回の件に関して、君や貞夫さんができることは、もう無い」

「…………」

「あのさ、貞夫さんってロクでも無いヤツだけど……逆に、だから、みんな好きになるんだと思うんだ」

「はい」

「君や君の彼氏が貞夫さんを好きになったのも、仕方ないと思う。別れた後も振り回されてしまうのも……少なくとも、君が悪いんじゃない」
「でも……そういう人を好きになって、それでどうするかは、自分の責任ですよね」
「そうだね」 
「ふふ……そうですよね」

茜が微笑った。
これからどうする?
とは、千嘉良は訊けなかった。
首をコキコキやったら、コンビニの時計が見えた。

(あと10分で……年が変わる)

最初は、ナンパかと思った。
「スッマセ、スッマセ……」
すいません、と言ってるらしかった。

よく見たら、中には女性もいる。
白人の男女――人数は5人。
(観光客?)
目があった途端、タブレットを差し出してきた。
表示されてる、字を見たらわかった。

「ロシア人だ。この人たち」

道案内を求めているらしい。
タブレットの画面は、ルート選択済のグーグルマップ。

「神田明神に行きたいみたいですね。でもこれ、清水坂下から回りこむルートだ……妻恋坂から明神下に下っていったほうが行列の最後に付くのが楽だけど、外国の人に説明できるだろうか、うーん……」

思案する茜の横顔に、千嘉良は思いつく。
考える前に、言ってた。

「初詣、行こうか?」

というわけで、千嘉良と茜にロシア人5人を加えた一行は、神田明神を目指して、蔵前橋通りをぞろぞろ歩き出したのだった。


茜と千嘉良が出会ってから、2時間と55分


これまで千嘉良が経験した恋は、すべて自然消滅で終わっていた。
だから、失恋に関わる葛藤は、いつも自分の中だけで完結していた。

つまりどういうことかといえば、いわゆる修羅場の経験がなかった。

しかし、そんな千嘉良にも分かるほど明らかに、それは、
(修羅場……)
だった。

「え?なんで?君は私と付き合ってるんだよね……どうして?おかしいよ。そんなの、おかしい。だって……どうしてそうなるの?私、そんなこと言ってないよね?言ってないよ!」

遠くに瞬くすき家の灯りを長めながら、千嘉良は、
(立ち止まると、息って白くなるんだなー)
なんて、思っていた。

何分か経ち――

電話を終えて、
「ふられ……ちゃいました」
そう言う茜の声は、決して震えたりはしていなかった。

しかし、
(すっげえ震えてる……)
エプロンドレスから覗くすらっとした足は、ガクガク震えまくっていた。
 
(とりあえず分かるのは、この人がもの凄い負けず嫌いだということだ)
感嘆と呆れを同時に抱きながら、千嘉良は提案した。

「ラーメン食べない?」


『ばんから』で話を聞くことになった。


千嘉良は、ラーメンは普通の盛りでしか食べない主義だ。

しかし、つけ麺、油そばと二郎は別だった。
メガつけ麺を前にして、
 
(まあ、これくらいは必要か)

そんな風に、自分を納得させていた。

(だって、いい感じの美形ちゃんと出会えたかと思ったら、その子には彼氏がいたとか、そんなの計量直前のGSPでもマシマシチョモランマ自棄食いするレベルですよ……)

一方の茜はといえば、魚介スープの支那そばを、するする口に運んでいる。
見る間に麺と具を食べ終え、スープも一気に飲み干した。

つるつるした中太麺をすすりながら、
「どういう事情?」
千嘉良が訊ねると、ぽつぽつ話し始めた。

「社長は、大学の計算機研究会のOBで、知り合ったのは学祭の打ち上げだったんですけど……その日から、付き合い始めたんです」
「じゃあ、元カレ?」
「はい。誘われて、彼の会社に入って……でも去年、ふられてしまって。そしたら、後輩の……いまの彼が優しくしてくれて、それで……」
「付き合い始めたんだ?」
「でも、実は社長が私の前に付き合ってたのも、彼で……」
「……彼の元カレも、社長だったってこと?」
「はい……」

俯く茜を見ながら、千嘉良は、
(ダメなんじゃないか?その会社)
と、ストレートな思いを、口から出しそうになっていた。
しかし堪えて、大量の麺と一緒に飲み込む。

ずずずずずっ

「でも彼……いま社長と一緒に、新潟にいるんだそうです」
「ふうん……」
「それで『どうして?』って訊いたら『そういうことだから』って……」
「あのさ」
「はい?」

いったん箸を置き、千嘉良は、
 「これで、テレビ電話ってできないかな?」
自分のスマホを、茜に差し出した。

「君のところの社長と、テレビ電話で話したいんだけど」


茜が千嘉良のスマホにSkypeをインストールするのとほぼ同タイムで、千嘉良も残りの麺を食べ終える。


茜の隣に移動してスマホを受け取ると、千嘉良は言った。

「まず言っておくと、君の『社長』が新潟に行ったのは、そこが彼の本当の出身地だから。高校卒業後に蒲田に住んでる親戚の養子になって、それからは東京出身を自称してるけど、デカイ面できるツレがいて、いい気分になれる本当の故郷は、新潟だから――で、これでいいの?」

茜に操作方法を訊きながら、Skypeで『社長』を呼び出す。
相手は、すぐに出た。

画面に映ったのは、端正な顔立ちの男性――見かけは20代後半――と、見るからに朴訥そうなメガネの青年。

「こんばんわ、貞夫さん」

千嘉良が語りかけると、画面の向こうでは――

『知り合いなんですかー?』
『俺の姪だ』
『あ! この人にぶつかったんですよー。えらく男前な美人だと思ったら、』
『ちょっと黙ってろ山形』

――そんなやりとり。

背景は、どこかの薄暗い部屋。
多分、ホテル。

「見えます? いま自分、貞夫さんのところの社員の方と一緒なんですよ」
『……そうみたいだな。どうして、』
「偶然ですよ。そちらの青年のおかげで起こった偶然」
『…………』 
「マジックフィンガーズ――デモ、拝見しました。素晴らしい製品ですね」
『ああ……ありがとう』
「伝わってるかとは思いますが、増資の件は保留にさせてもらいます。代わりに人を送るのは予定通りで」
『はい……わかりました』
「ところで貞夫さん。以前から訊こうと思ってたんですが、社名の『EOTE』って何の略なんですか?」
『Edge of the earth』
「本当は?」
『……Empire of the epicurian』
「”快楽主義者の帝国”ね――あんたアホですか。じゃ、よいお年を」

ぶちっ

「いろいろ言ってやろうかと思ってたけど、全然だね。はい、これ名刺」
「…………」

夢から醒めたような顔の茜に、千嘉良は笑いかけた。

「そういうことだから」


茜と千嘉良が出会ってから、2時間と30分


「分かってたんですか?」
ちょっと意外そうな顔をする茜に、

「うん。声を聞いて、なんとなく」

ポケットで、さっき貰った名刺を撫でながら、千嘉良は答えた。
茜が男性であることは、この名刺を貰った時から分かっていた。

(見かけだけじゃ、わからなかったけどね)

二人は、最初に会った場所と同じアキバ田代通り――UDX前に来ていた。

「そうだったんですか……気付いてないんだったら、言ったほうが良いのかな?とか思ってたんですよ――でも、聞いた通りでしたね」
「んん?」
「あなたと、駅でぶつかった後輩が言ってたんです。どんな人だった?って訊いたら『背が高くて、凄く男前の――女の人だった』って!」

「男前……」
その表現に、千嘉良は、ちょっと複雑な気持ちになる。

千嘉良は――
 
ラヲタであり、格闘技経験者であり、そして同時に、20代なかばの女子だった。


「あの……言っておいてなんだけど、さっき『男でしょ!?』って言っちゃったけど……失礼じゃなかった?」

「気にしないでください。私、こんな顔で、こんな格好で、こんな言葉遣いですけど、アティチュードにおいては男らしくあろうと思っていますし、それに、その……女性を愛せないというか、女性から愛されたいと思っていないといういうわけではないですから」
 
「え、あの……それって」
「女性が、恋愛対象だということです」
「へ、へぇ……そうなんだ」
「何か?」
「いえいえいえ!」

ついつい緩んでしまいそうになる口元を、
(チャ、チャ、チャンスあるかもよおおおおっ!)
千嘉良は、顔を鷲掴みにして押さえた。


「でも、聞いてなかったです! こんなにきれいな人だっただなんて!」
「!」

(きれいな……人!)

炸裂する歓喜を、千嘉良は、今度はピーカブースタイルで必死に堪えた。

(きれいな人!)
(きれいな人!)
(きれいな人って言われた!)
(おおぉおおおおおおうおう!)
(うほっ!うほっ!うほっ!うほっ!うほぉおおおっ!!!!!)

「でも――どうしてあいつ、言わなかったんだろう?」

(ん?)

「私がヤキモチ焼くと思ったのかな? 彼」

(彼?)

嫌な予感がした。
おそるおそる、想像上のグローブから顔をあげると――

「あいつったら、そんなの気にしなくていいのに……ふふっ」

――そこには、紛うことなき、恋する乙女がいた。

(そ)
(う)
(い)
(う)
(こ)
(と)
(か)
(よぉおおおおおお――っ!!!!!!!!)

「あ、電話――彼からだ」
「どうぞ……出てください」
「それではお言葉に甘えて、失礼します――はい、私です。どうしたの?」

(『女性恋愛対象』なんて言ってたくせに、付き合ってるのは男かよ!)

「うん。いま、デモのリハーサルして……うん。そろそろ終わり」

(『女性恋愛対象』じゃなくて『女性恋愛対象』なんじゃないか!)

「うんうんうん…………え?」

(え?)

 「どうして……社長が一緒なの?」

いきなり温度の下がった茜の声に、千嘉良の眉がビクリと震えた。

茜と千嘉良が出会ってから、1時間と50分

このページのトップヘ